受験制度|金蘭千里50周年改革 特設サイト—学校法人金蘭千里学園

受験制度 これまでよりも受験しやすく

金蘭千里中学校高等学校は2015年に50周年を迎えます。
その50周年学校改革の一環として、中学入試制度の変更を行いました。

1 日程を追加します(前期B、後期B)

変更前変更後
前期(終日入試)前期A(午前入試)
前期B(午後入試)
後期(終日入試)後期A(午前入試)
後期B(午後入試)

ポイント1 ※最大4回まで受験可能になります。

2 アラカルト入試を導入し(前期A、後期A)入試科目に社会を復活させます

変更前変更後
前期(国算理) 前期A(国算社理)
前期B(国算)
後期(国算理) 後期A(国算社理)
後期B(国算)

ポイント2 ※前期A入試、後期A入試は、4教科受験して頂き、【1】国算社理合計、【2】(国+算+理)×1.2、【3】(国+算+社)×1.2の3パターンの得点を算出。最高得点を記録したパターンをその受験生の合否判定の得点とします。

3 運動機能検査・面接は廃止します

面接に関しては出願時の書類で代替することを検討しています。

ポイント3 ※運動機能検査・面接の廃止

4 後期B日程は、出願期間を大幅に伸ばし直前の出願にも対応

ポイント3 ※運動機能検査・面接の廃止

選択肢が増え、受験しやすく